国立薬膳カリーヌードル

カテゴリ:
食品

市内の食品会社で「国立薬膳カレー」でお馴染みの「AKプラス」とのコラボ商品。カレーには30種類のスパイスを使い、ラード、増粘剤、化学調味料いずれも不使用。国産小麦粉を使用したノンフライ乾麺は、茹で上がった時に生麺に近い食感を目指して開発した力作です。

500円(税込)

株式会社 亀製麺
青柳1-10-2
☎︎042-526-2781
googelmapはこちら


Kunitachi Style Story


「亀製麺」は、「安心でおいしい麺を食卓に」をテーマに、国産原料にこだわり、できるだけ添加物を使用しない麺づくりを行う製麺会社。小麦粉は、国産小麦「ゆめちから」「きたほなみ」、卵は自然に近い形で育てられた鶏卵、塩は味にまるみのある「あら塩」や伝統海塩「海の精」を使用。業務用中華麺、市販用包装生中華麺、ラーメン、生うどん、生そば、生パスタ、焼きそばの製麺、OEM(委託製造)も請け負っています。

「亀製麺」の創業は、現社長の玉澤孝三さんのお母様。お母様が学生の頃、北海道函館市の「丸豆岡田製麺」でアルバイトをしたのが始まりです。その後、結婚を機に岩手県一関市に移り、苗字の「亀岡」から一字取り「亀製麺所」を創業。その後昭和35年に、川崎市で「亀製麺」として営業開始し、翌年に国立市の富士見通りへ。昭和45年には自社工場も稼働し、大手製麺会社の下請けを開始しました。
平成23年に、創業時の原点に立ち返ったレシピでつくった「生パスタ(詳細はこちら)」が、「茹で時間が少なく歯ごたえがいい」と評判に。これを機により安心・安全な少量生産にこだわり、大手の下請けをやめ、自社のオリジナル商品の開発製造に注力するようになったそうです。


くにたちStyleに登録されている「国立薬膳カリーヌードル」は、市内の食品会社で「国立薬膳カレー」でお馴染みの「AKプラス」とものコラボ商品。カレーには30種類のスパイスを使い、ラード、増粘剤、化学調味料いずれも不使用。国産小麦粉を使用したノンフライ乾麺は、茹で上がった時に生麺に近い食感を目指して開発した力作です。
お鍋一つで出来て簡単、おすきなトッピングをのせてアレンジも楽しめます。(写真は調理例です。ほうれん草、チャーシュー、ネギ、ゆで卵をのせました。)麺を食べ終わった後にスープが残ったら、白ごはんを入れてカレーおじやにしていただくのもおすすめですよ。パッケージは、お土産や贈答品にもお選びいただけるよう、イラストを市内のイラストレーター、谷山彩子さんに依頼。旧国立駅舎、amazonでの通信販売も行なっています。

ほかにも亀製麺の麺は、有機・低農薬野菜、無添加食材を取り扱う宅配サービスや、国立市内では「くにたち野菜 しゅんかしゅんか」や「あひるの家」、立川市の成城石井などで購入することができます。
小さなお子さんからご年配のかたまで幅広い年齢層に愛される食材である「麺」。毎日のように食べるものだからこそ食の安心安全にこだわりたいというかたへ、国立が誇る「亀製麺」の麺をおすすめいたします。

表示価格について
※表示価格は全て令和2年10月1日現在の消費税込みの価格です。